TOP

20歳になるまで経験ゼロだった私が風俗で童貞喪失した時の体験談です。

本当は巨乳なんですよ

この前の風俗嬢はポテンシャルを隠している子でした。なぜなら彼女、相当巨乳なんです。でもマッチしていない下着というか、あまり寄せてもいなければ盛ってもいないんです。だからおっぱいが下着をつけているのにどこかゆったりしているというか。あれを寄せて上げてをすればかなりの巨乳になるんじゃないかなと。その点では彼女はポテンシャルを秘めた風俗嬢と言って良いでしょう。彼女自身、あまり巨乳という点をアピールしたくないのかもしれないですね。実際、ホームページで彼女を見かけたんですけど、巨乳とは明記されていませんでした。十分に巨乳だと思うんですけど、巨乳はおろかスタイルに関しては全然記載されていなかったんです。もっと巨乳という点をアピールした方が風俗嬢として人気も出るんじゃないかなと思うんですけどね。そう思うくらい、彼女のスタイルは素晴らしい物がありましたけど、逆に言えば実際に利用した人しか分からない特権でもありますよね。

皮被りでも問題ないんですね

いわゆる包茎の自分にとって、これは大きなコンプレックスでした。仮性ではあったんですけど、やっぱり気にするじゃないですか。だから風俗に行くのも抵抗があったんですけど、でも風俗に行きたい気持ちがどうしても出てきたんですよね。それで風俗に行ってきたんですけど、仮性包茎であっても特に問題ないというか、普通に楽しめるんだなってことを実感させられたんですよね。むしろそれこそが自分にとってのメリットというか、なんでここまで気にしていたんだろうって思ったくらいなんですよね。だから自分自身、風俗がとても楽しいものになりました。しかも風俗嬢が「仮性包茎はたくさんいるよ」とも教えてくれたんですよね。それを聞いて自分自身、勇気が湧いたような気がするというか、そもそも初めからあまり気にする必要のないものだったんだなって。だから今後は、いろんな風俗を楽しみたいなって思っています。それにしても世の中、仮性包茎って多いんですね(笑)